株式の基礎、株式用語、株式市場の初心者は学ぶ必要があります

株式移転 (かぶしきいてん)

1つまたは2つ以上の会社が、その発行する全ての株式を新たに設立する親会社に取得させることをいいます。完全親会社となる会社が新設され、そこに既存の会社が完全子会社となって完全親子関係...

株式移転比率 (かぶしきいてんひりつ)

株式移転比率とは、1社または複数の会社が株式移転によって完全親会社を設立する際、子会社の株主に対し、持ち株数に応じて割り当てられる完全親会社(新会社)の株式の比率を指します。移転比...

株式交換 (かぶしきこうかん)

ある会社が他の会社を完全子会社化しようとするときに、買収しようとする会社(子会社)の株主に対して自社(親会社)の株式を交付することで完全子会社化する手法です。子会社の株式を持ってい...

株式交換比率 (かぶしきこうかんひりつ)

株式交換比率とは、親会社が株式交換によって子会社を完全子会社化する際、子会社の株主に対し、持ち株数に応じて割り当てられる親会社の株式の比率を指します。例えば、親会社A社が子会社B社...

株式分割 (かぶしきぶんかつ)

株式分割とは、既に発行されている株式を、1株を2株、3株などに分割することを指します。整数倍に限らず、1株につき、1.5倍といったような分割が行われることもあります。既に株式を保有...

株式併合 (かぶしきへいごう)

株式併合とは、既に発行されている株式数を減らすために、複数の株式を1株に統合することを指します。理論上資産価値には影響はありません。株数が減っても会社の価値は変わらないので、基本的...

株主権 (かぶぬしけん)

株式を取得することで株主に与えられる権利のことで、剰余金分配請求権や残余財産分配請求権のように株主個人の財産的な利益に関する権利(自益権)と、株主総会における議決権のように、その行...

株主総会 (かぶぬしそうかい)

株式会社を構成する機関のひとつで、株主全員で構成する会議です。全ての株式会社は株主総会を設置しなければなりません。株式会社における重要な事項はこの株主総会に議題として掲げられ決議し...

株主代表訴訟 (かぶぬしだいひょうそしょう)

株主代表訴訟とは、株式会社が取締役や監査役などの責任追及を怠っている場合に、株主が会社を代表して法的責任を追及し、会社が受けた損害を賠償させることを目的とした訴訟手続きのことです。...

株主優待 (かぶぬしゆうたい)

株主優待とは、企業が株主に対して行うプレゼントのことです。株主優待を行っている企業は現在1000社以上あり、個人株主を増やすために優待制度を新設する企業も増えています。株主優待の内...

空売り (からうり)

手持ちの株式を売ることを「現物の売り」というのに対して、手元に持っていない株式を、信用取引などを利用して「借りて売る」ことを指します。株価が高く、これから下がることが予想されるとき...

仮条件 (かりじょうけん)

株式等の募集や売出しにおける、ブックビルディングの際の一定の値幅のことをいいます。株式等の募集や売出しに際して、投資者がブックビルディングで需要を申告する際の参考のために、あらかじ...

幹事会社 (かんじがいしゃ)

株式の新規上場や売出しに際して、発行する企業と証券会社との間で元引受契約をする内容を確定させる証券会社のことを指します。「幹事証券会社」ともいいます。...

監理銘柄 (かんりめいがら)

上場銘柄が上場廃止基準に該当する恐れがある場合に、投資家にその事実を周知するため、証券取引所により指定された銘柄のことです。東京証券取引所では、2008年1月15日より「監理ポスト...

疑義注記 (ぎぎちゅうき)

疑義注記とは、「継続企業の前提に関する注記」のことです。企業が将来にわたって事業を継続するとの前提を「ゴーイングコンサーン」といいますが、連続した赤字や売り上げの著しい減少などによ...

議決権 (ぎけつけん)

議決権とは、株主総会での決議に参加して票を入れることができる権利のことで、一般的には1単元株に対し1つの議決権があります。株主総会では、会社の運営や資産の使い方などの重要な事案が決...

規制銘柄 (きせいめいがら)

規制銘柄とは、証券取引所が信用取引に関する規制措置を行っている銘柄を指します。信用取引において売買が過度に投機的になることを防止するため、取引所では一定の基準を設けて規制を行います...