クロス/クロス商い (クロス/クロスあきない),株式基礎知識,株初心者学習の焦点


クロス/クロス商い (クロス/クロスあきない)

大口注文を取引所の取引時間外で成立させる手法で、ひとつの証券会社が、ひとつの銘柄で、同じ株数の売り注文と買い注文を同時に成立させます。大口注文の場合、取引所に発注すると予想していた株価よりも買値が高くなってしまったり、逆に予想していた株価よりも安くなったりするというリスクがありますが、クロス取引ではあらかじめ投資家の条件に合った相手を探してもらい売り買い同じ量を同時に発注するため、大口の注文を成立させるのに有効な手段です。なお、東証などでは取引時間内(立会内)で行うこともできます。


業界では、「東証でクロスを振る」などのような表現で用いられるのが一般的です。

あなたの受信トレイですばらしいニュースをすぐに入手する

返信を残す