IPO/新規公開株式 (アイピーオー/しんきこうかいかぶしき),株式基礎知識,株初心者学習の焦点


IPO/新規公開株式 (アイピーオー/しんきこうかいかぶしき)

IPOは、Initial Public Offering(イニシャル パブリック オファリング)の各頭文字を取ったもので、一般に、株式等を新規公開する、もしくはその際に行われる株式等の公募による募集や売出しを指します。
「新規公開」とは、非上場・未公開の特定の投資家が限定的に保有している株式等を多数の投資家が参加する市場で流通させるために新たに株式を公開(上場)することをいいます。
「募集」とは、主に株式等を公開する企業が設備投資などの資金調達を目的として、多数の投資家に対し、新たに発行される株式等の取得の申し込みを勧誘することをいい、この場合「公募増資」と同じ意味で使われます。
「売出し」とは、多数の投資家に対し、主に株式等を公開する企業の大株主等が保有する既に発行された株式等の売り付けの申し込みまたは投資家にその買い付けの申し込みを勧誘することをいいます。
なお、「公開価格」は企業の経営成績、財政状態、成長性等の同業他社比較、投資家の需要などを検討したうえで決定されます。
新規公開された会社は、一般投資家が十分に投資判断を行うことができるような資料を提供するため、金融商品取引法における企業の事業内容、財務内容等(有価証券報告書等)の定期的な法定開示(ディスクロージャー)と、重要な会社情報等(決算短信等)を一般投資家に対してタイムリーに提供するため、金融商品取引所における決算短信等の適時開示が義務付けられています。一方で、資金調達手段の多様化、財務体質の強化、信用力・知名度の増大、人材の確保などのメリットが多くあります。


あなたの受信トレイですばらしいニュースをすぐに入手する

返信を残す