相対取引 (あいたいとりひき),株式基礎知識,株初心者学習の焦点


相対取引 (あいたいとりひき)

証券取引所などの市場を通さずに、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを決めて行う取引のことです。例えば大口の株式取引の場合、マーケットを介して売買を行うと株価が大きく変動する可能性がありますが、相対取引であれば価格変動リスクを排除したうえで、当事者同士があらかじめ決めた価格で取引が成立します。相対売買(あいたいばいばい)と呼ばれることもあります。


株式以外にも、債券の一部や外国為替証拠金取引などでも相対取引は行われています。

あなたの受信トレイですばらしいニュースをすぐに入手する

返信を残す