概説,株式基礎知識,株初心者学習の焦点


概説

株式は株式の一種であり、株主が会社の資本の一部として投資家に資金を調達するために発行する証明書であり、配当(配当)を得て、会社の成長や取引市場の変動によってもたらされる利益を分担する株主となる。 また、会社の業務上の誤りに関連するリスクを共有する。

株式(かぶしき)とは、株式会社の構成員(社員=株主)としての地位(社員権)のことである(通説)。

「株式」という日本語は、独占営業の権を許された集団の成員という意味の「株」と、中世における土地収益権を意味する「式(職)」という語に、その沿革を有する。

英語では見方により呼称が異なる。証券としてはストックといい、株式会社等の自己資本はエクイティという。

通説である社員権説では、株式は株式会社の構成員(社員=株主)としての地位(社員権)をいうとされている。株式会社の所有と経営の分離や株式の債権化に伴い、社員権否認説、株式債権説、株式会社財団説なども唱えられているが、共益権を事実上行使しない株主であっても株式そのものが変質しているわけではないとの指摘がある。

株式を表章する有価証券が発行されることがあり、これを株券という。

世界初の株式会社は1602年に設立されたオランダ東インド会社といわれている。株式は会社に対する権利全体を均等に分けるとともに、多額の出資を行った者には複数の株式の所有を認めることで、権利関係の処理の簡便化と流通の利便を図り大規模な事業での資本の調達を可能にする点に特質がある。

あなたの受信トレイですばらしいニュースをすぐに入手する

返信を残す