バスケット取引 (バスケットとりひき),株式基礎知識,株初心者学習の焦点


バスケット取引 (バスケットとりひき)

複数銘柄をまとめてバスケットに入った1つの商品として売買する取引のことをいいます。東京証券取引所では、15銘柄以上かつ売買代金1億円以上、と定義しています。大口の投資家がまとまった銘柄を買いたい、あるいは売りたいときなどに、証券会社がコスト分を勘案して約定をつけます。


一般的にバスケット取引は、立会外取引や店頭市場で行われます。つまり、マーケットが閉まっている時間帯でも取引が可能なのです。特に前場が終了した後のバスケット取引は、後場の動向に大きな影響を与えるため、多くの投資家が注目しています。

あなたの受信トレイですばらしいニュースをすぐに入手する

返信を残す