配当落ち・権利落ち (はいとうおち・けんりおち),株式基礎知識,株初心者学習の焦点


配当落ち・権利落ち (はいとうおち・けんりおち)

配当落ちとは、その期の配当を受ける権利が権利確定日の翌営業日をもってなくなることをいいます。また、権利が受けられない分、株価が安くなったことをいう場合もあります。
例えば、1株1,000円の株が配当を1株当たり5円出すとします。配当がもらえる権利があるのとないのでは、理論的には5円の差が出ます。これが配当落ちです。この例では、配当落ち後、5円の配当分だけ株価が下がり、理論上では株価は995円になります。ただし、株価はその他の要因でも日々値動きしていますので、理論どおり株価が変化するとは限りません。


あなたの受信トレイですばらしいニュースをすぐに入手する

返信を残す